【検証】ゲームを遊ぶ前にルールをちゃんと読む人がどれ程いるのか

この文章の内容

・ゲームを楽しく遊んでもらうためにはルール説明って大事だよね。

・でも、ルールを読まずに遊ぶ人って多いよね。

・実際に3行ルールのゲーム作って、「ちゃんと読んでから遊んだかどうか」のアンケート取ったら8%の人がルールを読まずにプレイしていたよ!

背景

この間、1~100の数字を投票するゲームを制作しました。

好きな数字を選んでください。勝利番号を当てた人が勝者です。ゲーム理論が学べる心理実験ゲーム。

 

気軽に遊べるコンテンツにしたかったので、ルールは冒頭に3行だけ書くことにしました。

 

以下図のように冒頭にデカデカとルール説明を書いています。

 

短く3行にまとめたルール。これならさすがにみんな読んでくれるでしょ!

・・・と思いきや、意外と読まずに「タイトル通り1~100から好きな数字を入力する人」がいることが判明しました。

この結果は予想外でしたが、まあしょうがない。気軽に遊べるコンテンツにまどろっこしく頭を使う文章は合わないのかもしれません。

 

では、実際どれだけの人がルールを読まずに遊んでいたのか。

気になったので実際にアンケートを取ってみました。

結果

twitterで結果と調べてみました。

結果は8%、思ったよりも少ないので一安心です。

 

しかしながら、ルールが3行程度でこの割合なので、ルールを長くするともっと読む人は少なくなるでしょう。

短くわかりやすいルール説明を心がけたい所ですね。

ただ、このアンケートについて少し疑うべき点がありまして・・・。

調査している母集団がそもそも「文章を読んでアンケートに投票してくれる層」なので、「ルールを読まない層はそもそもこのアンケートに投票しない可能性がある」という点だけ注意が必要かと思います。

 

まあ、しゃあない!母集団を完全に調査対象と一致させることは難しいので諦めます!

このデータは参考程度にご活用いただき、「今後どれだけルール説明に時間をかけるか」を決定していただければと思います。

ルール説明って案外大変な作業量になりますからね。

そこは使える時間とのトレードオフで考えていくしかないかなと思っております。

おまけ

ちなみに、このアンケート結果を受けて、ルールの書き方についてアンケートを取ったところ、以下の結果になりました。

アンケートでは、「3行ルールを心がける」が最多投票になりました。

ルール説明の目的は「楽しく遊ぶ方法を伝えることで、面白さに辿り着くユーザーを増やすこと」だと思います。

3行でルールをまとめられるような、シンプルなゲームシステムを構築するのはなかなか難しいことではありますが、ゲームの面白さを体験してもらうためにも、わかりやすいルールを心がけたいですね。

二位の「丁寧な導入は必要」にもそこそこ票が入っていましたが、個人的には「丁寧な導入」は諸刃の剣だと思っているので注意が必要です。

ユーザーにとってわかりやすく手間にならないルール説明なら良いのですが、「めっちゃ丁寧だけど面倒なチュートリアル」が続くと、だんだんと面倒になって離脱率が上がってしまう問題があります。

ユーザーにとって手間をかけないないルール説明を心がけたい所です。

ユーザーが手間をかけないように丁寧に作るという意図ならばアリですね!

 

最後に私の方針ですが、「ルールを読まなくても、面白いと感じる所まで持っていける仕組み」を作る作戦がアリかと思っています。

具体的には「序盤はできることを減らして、明確に一つのことだけを遊んでもらう」ということを心がけています。

・・・心がけているだけで、まだ未熟な身ではありますが!

【参考】ルールを読まなくても面白いゲームです

僕の上司が退職した。その理由は、未来から来た暗殺者に殺されそうになったから。謎が謎を呼ぶ急転直下の痛快奇天烈ストーリー。僕の上司とアゲアゲ君の物語。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする