localStorageを使ってセーブ・ロードを行う。

長編ゲームを制作するとなると、セーブ機能は必要不可欠。

そこで、今回はjavascriptにおけるセーブ・ロードの実装方法を説明します。

具体的にはローカルストレージ機能というものを使います。

具体的なコードをCodePenというサイトで書きました。実際に動作を確認してみましょう。

ページ内のJSという項目にコードが書いてあります。

出力結果はConsoleタブをクリックすると表示されます。最初からConsoleが表示されているのならそのままで問題ありません。

配列などのデータ構造を格納するときはJSONを使って文字列にしましょう。

JSONを用いたデータ構造保存・読込のサンプルコードはこちらになります。

実際に動作するコードで説明すると楽でいいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント